中卒から大卒?波乱万丈みさちゃす生い立ちプロフィール

こんにちは!

病んでエベレストに行ったり1億溶かしたメンヘラみさちゃす(@misachasu0209です。

現在25歳のフリーランス。

ツイッターインスタで私の事を知ってくださった方も多いのではないでしょうか。

私の人生は恐らく波乱万丈な部類で、

私立中学から中卒、そして大卒…と特殊な経歴を持っています。

今回はそんな私の自己紹介を兼ねた生い立ちを書かせてください!

背景は北朝鮮。国旗がうっすらと見える。

 

超簡単な自己紹介はこのツイート↓

 

現在はブロガー、ライター、インスタグラマー、投資家をしながら適宜良いと思った事業をして、年の3分の1が海外(毎月海外)というノマド生活をしています。

(現在はコロナで日本にいます。日本軟禁辛い…)

 

長文になりますが最後までお読みいただけましたら嬉しいです!

生い立ち

1995年名古屋で生まれる。本名:清水優。

実家は共働きの自営業で両親が忙しく、実質祖母に育てられました。

後に発達障害(アスペルガー)と診断されますが、協調性が無く幼稚園や小学校でいじめられました。

 

中学受験、生徒会議員の優等生

小学生の時に公立小中学校(行政)への不満を抱き、中学受験。

金城学院中学校に合格、1年生では生徒会議員を務める優等生。

それまで親に逆らった事は無いYESマンでしたが、中1の終わりに根暗が爆発しグレます

 

13歳で顔面ピアスだらけになる

中1でビジュアル系にハマり、髪をカラフルに染めたりピアスを開けまくるように。

根暗の優等生が変貌。口ピアスだけで5個、体にもピアス。

色々あり角刈りにもされました

当時家庭環境も悪く、余計グレる。

ギャルの格好もしていた

学校はには黒髪のカツラを被って登校。

家出少女にもなり、ネットカフェで暮らしたりもしました。

 

1日10万PVの人気ブロガーになる

中学3年、14歳の時にブログを開設。

「みさちゃす」と本名の清水優が全然違う理由ですが、学校にブログをバレたくなくて全然関係ない名前にしました。

今更「ゆうちゃす」には戻れません…(笑)

暇つぶしで始めたブログ、アクセス数が上がっていく様子が楽しく寝る間を惜しんでやり込んだ結果、2週間で1日5万〜10万アクセス(PV)の人気ブロガーに

最初はCROOZブログで始め、その後すぐアメブロに移転。

これは高1の時のものですが、ギャル雑誌の読者モデルをするようにもなりました。

アメブロでは中学生ランキング1位、高校生ランキングも1位。

当時はブログが命で死ぬ気でやっていました。

 

運命を変えたアデランス事件

遊びとブログばかりで学校の授業はほとんど聞いていなかった中学時代。

(一応登校していたが、中2以降社会以外の授業を全て寝ていた。理科の元素記号も一度も覚えた事が無い。)

 

忘れもしない中3の12月。

学校で仲が良かった友人と喧嘩をしたら、クラス全員の前でカツラを取られて中の金髪がバレる事件が発生

黒髪のカツラは安物ではなくアデランスのカツラで、言わなければ誰にもバレませんでした

事実、私のカツラの事を知っていたのは学校の親しい友人数人。担任ですら気付かなかった。

仲が良かった、当時の親友に裏切られる形に…。

アデランスのカツラ。値段は22万円。
角刈りにした加害者が購入。

 

私は学校ではスカート丈も一番長くして地味にしていたので

「えなりかずきは実は金髪だった」

くらいの衝撃をみんなに与えたかもしれません。

 

その後呼び出され、素直に謝罪すれば事無きを得たところを、中高一貫校で残り3年以上あったので「黒髪にするなら死んだ方がマシ、学校を辞めたい」と当時の私はギャル思考で考え、自ら退学になるような爆弾暴露をします。

…何を暴露したかは書けませんが、呆然とする先生達。

処分が決まるまで自宅謹慎になり、結局退学にはならず無期停学処分。

卒業はさせてもらえました。

停学中、毎日先生が家庭訪問に来たの懐かしいな…。

 

そして中卒になる

中高一貫校で本来なら大学までエスカレーターだった私立中学。

上の高校に進学しなかった(できなかった)私は外部の高校を受験。

しかし譲れなかった事が髪色・ピアス自由

それだけに重点を置いて普通高校に行こうとした結果、ヤンキーと引きこもりしかいない全寮制高校を選択。

が、入学前になって色々ヤバい学校な事が改めて判明し、入学式前日に入学を辞退。

中卒になります。

 

通信制高校に入学、生徒会長に

みんなが入学式を終えても高校に行かず、中卒になった私。

結局通信制高校に行く事に。

通信制高校は学校によって様々ですが、私が通っていた学校は当時最低年に1回登校すればOKなゆるすぎる学校。

教科書を開いたのは3年間で10回未満。

高校時代はブログを書いたり、アフィリエイターとして稼いだりネット事業をしながらひたすら遊んでいました。

読者モデルも続けていて、雑誌『HR』ではオリンピック選手らと共に「日本で活躍する高校生100人」に掲載。

 

高2の私。ギャルは卒業。学校説明会にて。

高3では生徒会長に抜擢。

信じられない話かもしれませんが、校長から慶應の推薦のお話もいただけました。

が、上京が不安で断ってしまう。今思えばものすごくもったいない。

でも後に仮想通貨と出会わせてくれたワサビ(後にエンジェル投資家になった)とは同じ大学で出会ったり、だからこその今があるとも思います。

 

2週間の受験勉強で大学に合格

英語はI have、Where、Whenで止まっていて、理科は元素記号も分からない状態の私。(学力、中学1・2年生)

センター試験で勝負せず(できない)、公募一般推薦という1科目だけ選ぶ方法で大学受験。

1科目だけできればいい。私は現代文を選択。

現代文は中学受験の時に「読解」としてやっていたので、それだったらいけると思いました。

2週間リハビリ的に問題集を解き、地元・中京大学に合格。

白いスーツは2,000人くらいの中で一人だけで浮いた。
リクルートスーツはダサいから着たくなかった。

そして大学生になります。

大学生活ではサークルには入らなかったものの、ゼミに入ったり楽しいかんじ。

高校時代もそうでしたが毎日JuicyCoutureの派手なジャージにサングラスで登校。

興味がある講義はこの格好で一人で1番前の席で聴いて、誰も挙手しない中一人だけ挙手。ザ・アスペルガー。

仕事面ではブログ講座DVDを発売したり、コンサルをやったりも。

1年前期は8単位しか取れませんでしたが、なんとか4年で卒業。就職はせず。

 

20歳 ヨーロッパ一周で世界が広がる

私の生涯の体験として忘れられないのが、大学の夏休みに行ったヨーロッパ。

初めての海外一人旅。ヨーロッパ7カ国を周遊。

英語が話せないのに現地の人に交渉をして家に泊まらせてもらったり、パリスヒルトンのパーティーで気付いたら一番高いお立ち台にいたり、刺激的な1ヶ月間。

スペインのトマト祭りにて(変な格好です…)

大学卒業後、英語ができないのに英語で仕事するようになるのですが、英語ができないのに英語での仕事を断らずに挑戦できた背景はこの体験・経験があります。

 

仮想通貨を始めたら仕事になった

大学時代に知った仮想通貨。

大学卒業後、仮想通貨を約200万円分購入。で、大損!!

損切りせず持ち続けていたら、資産は3分の1に…

 

そんな時、当時保有していたLiskという仮想通貨が爆上げ!

テンションが高くなった私はLisk爆上げを喜ぶ自撮り動画をツイッターに載せたら世界中に拡散!(実は拡散されるよう頑張った)

「これはきっと面白い事が起こるぞ…」

そう直感した私は様々な仮想通貨の動画を載せ、世界中でバズらせる事に成功。

そしたら世界中からプロモーション依頼が来るように…!(全て英語)

 

当時は英語が分かりませんでしたが、Google翻訳を駆使して英語で仕事を始めました。

仮想通貨の仕組みとかの話って日本語でも難しいのですが、それを英語で理解するのは本当に大変。でも頑張って良かった。

Crypto Currency Magazine「世界で活躍する女性ビットコイナー10人」にも取り上げられます。

 

LiskのCEOをはじめ、ビットコインの神と呼ばれているロジャー・バー氏、世界2位の仮想通貨イーサリアムやカルダノを作ったチャールズ・ホスキンソン氏などともお知り合いになれるように…。

私のような人間が世界的な凄い方々とお知り合いになれるって夢がありませんか?

 

仮想通貨で1億溶かす

相場変動が非常に激しい仮想通貨。

短期間で数十倍になる事も、なくはありません。

最初は約200万円の投資・大損から始まった私の仮想通貨でしたが、仕事の報酬で仮想通貨を貰ったり、それを元手にトレードをしていたら日本円換算で1億円を突破完全にバブル

それがある日、デート前にメイクをしている15分くらいの間に4,000万吹っ飛びました。呆然とするような暴落。(※アルトコインです。)

ちなみにその後デートには普通に行き、4,000万が飛んだ事より当時好きだった男の子からLINEの返信が遅い事に病んでいました。

頭がイカれたメンヘラです。

 

…そして最終的に約1億円相当が吹っ飛ぶ事態。

利確してれば良かった…というのは後の祭り。

1億溶かした感想は「マジか。」

後悔し続けても仕方ないので「貴重な経験ができた」と前向きにネタにしてます。

 

そして23歳、仮想通貨SmartCashのマーケティングチームにジョイン。

カンファレンスに出展。
オーストラリアからもチームメンバーが駆けつけてくれた。

日本支部の責任者として頑張っていました。

このSmartCashには大変お世話になり、社費で英語留学に行かせていただいたり、エベレストのスポンサーになっていただいたりも。

 

ドラえもんの家を作る

あ、そうそう。大学時代に民泊経営も始めました。

かなり凝ったドラえもんハウス。(著作権的には問題ありません)

 

発狂してエベレストに行く

メンヘラを起こしてエベレストに行きました。

「そうだ、京都に行こう」みたいに思いついて…

何故エベレストに行ったかはこちらの記事をご覧ください。

メンヘラを起こしたのでエベレストに行ってきた話。ベースキャンプ費用。

2019年7月17日

エベレストの記事一覧はこちら

 

そして現在

ブログを書いたり書かなかったり、ライターやインスタグラマーをしながら、良いと思った事業があったら適宜やりながら生きています。

コロナ前までは毎月海外に行き、年の3分の1が海外生活。

こう振り返ってみると私の人生は波乱曲折していて、もっと真面目に生きれなかったのか、なんて思う事もありますが、そんな風でも今こうして自由に生きれているので要領が良いのかな、と思ったりもします。

めちゃくちゃ長くなりましたが、最後までお読みくださりありがとうございます!

 

ツイッターインスタもフォローいただけましたら嬉しいです!

インスタでは24時間で消えるストーリーをほぼ毎日リアルタイムで実況しています。

 

好きな言葉

「チャンスは貯金できない」

※ツイッターなどでシェアしていただけましたらブログ継続の励みになります…!