世界一の托鉢inラオス・ルアンパバーン/仏教国ラオスのお葬式・火葬事情。

今回もラオスの記事です!

 

これまでのラオス&ベトナム旅行記事 ラオス ベトナム

人生26ヶ国目のラオス!セントレア→羽田→バンコク→ラオス☆ JALの機内食。

平均月給1万円のラオスの物価は高い?1泊約1,050円の宿とは…!?

絶品!籠のラオス料理を堪能!ルアンパバーンのナイトマーケット。

ラオスで象使いの資格を取得。象使いの講習内容とは…?

 

ラオス4日目!

この日は宿で仲良くなった韓国人女性と、托鉢を見に行く事に。

image

ラオス・ルアンパバーンの托鉢は世界一有名。

托鉢って何!?!?!?ってかんじなのですが、托鉢とはお坊さんが外を回り、食べ物やお金を貰う仏教の文化・修行です。

日本でもこういうお坊さん、たまに見ませんか?

(写真:托鉢をする僧に出会って戸惑ったことのある方へ、ない方へより)

これ、托鉢!!

みさちゃすが住んでいる名古屋では名古屋駅や栄で稀に見かけます。

 

仏教が非常に盛んな国、ラオス。

ラオスの男性は一生に一度出家するんだとかお坊さん

世界の埋葬方法に興味がある悪趣味みさちゃす、ラオスのお葬式と埋葬方法を調べたのですが、ラオスのでは身内が亡くなると親族はお葬式でお坊さんの格好をするそうです(一時的な出家)。

男性の場合、頭も丸坊主にします。

…丸坊主にする文化が無い日本人としては、∑ヾ( ̄0 ̄;ノってかんじです。

もし私が男性に生まれても身内が亡くなったからといって丸坊主にしたくない。髪の毛を切りたくない。

文化ですねタラーアセアセ

 

余談ですがラオスの埋葬方法は火葬。

お寺に火葬場があってそこで荼毘に付されます。

日本の火葬場とは違い短時間で焼けず、1日くらいかかるんだとか。

ちなみに日本の近代的な火葬場とは違い、煙がめっちゃ出ます。

象使いツアーの時、車で窓を開けていたらその煙、ちょっと吸っちゃいました叫びアセアセ

 

車で走行中…

(煙が出ている…きっとゴミとかを燃やしているんだよな…)

と思っていたら、煙ゾーンの次にお寺∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

(これは…………………。)

恐らく火葬場の煙…。

日本だと火葬場の近くを通るだけで心理的に気持ち悪く気分が悪いのですが、ラオスでは不思議と気持ち悪さを感じませんでした。

「死」を穢れとせず、身近で自然な日常とするラオスの仏教文化に歩み寄ったのかもしれません。

ちなみにラオスではお墓は作らず、お骨はメコン川に流すそうです。インドみたい。

 

…で、ラオスの托鉢。

朝5時に起きて行ってきましたお坊さんお坊さんお坊さん

 

image

超眠いけど頑張って起きた…。

余談ですがラオス、日中以外寒かったです叫び

冬は日が無いと冬服が必要な程…。

タイとかと違って寒い…。

 

ルアンパバーンでは毎朝托鉢があります。

メインストリートは観光客ばかりらしいので、裏通りに行きましたひらめき電球

お供えもの(お花や食べ物)が売られています。

 

売ってくるオバチャンとかいたけど、詐欺・ぼったくり率が高いらしいので買わず。見るだけ。

image

朝6時過ぎくらいからお坊さんが!

image

信者の方は靴を脱いでひざまずき、お坊さんが持っている入れ物にご飯を入れます。

image

少年のお坊さんが多い。

集めた食べ物は貧しい人達に分け与えるそうです。

平均月給が1万円くらいで(農村部は数千円)、金銭的に貧しい国ラオス。

 

金銭的に貧しいのにも関わらず、ラオスには乞食(物乞い)がほとんど居ませんでした

国民性としてお金にがめつくない事と、托鉢や自給自足の農業で食べる物には困っていないからだと思います。

 

でもちょっとビックリした事…。

托鉢の時にお坊さんに渡すご飯、基本的に信者が家で炊いたご飯(お米)なんです。

家でお米を炊き、それをおひつのまま持ってくる。

 

image

で、(路上で)自分で丸めて、お坊さんに渡す。

…日本人からすると不衛生&危険タラー

 

路上で色んな人が素手で握ったご飯(おにぎり)、不衛生です。

(日本だと)変なものを入れる愉快犯もいるかもしれないし、危ない。

日本人の感覚だとちょっとビックリでした><!

 

みさちゃすはお供えをせず見ていただけなのですが、トリップアドバイザートリップアドバイザーによると托鉢のパッケージがあるホテルも!

・スタッフが場所取り(メインストリートだと良い場所は場所取りが必要)

・椅子や敷物の用意

・お供えするご飯(観光客は自分で丸めて渡せる)

で10USドル(約1,140円)なんだとかひらめき電球

ヘェ~~~~~~ってかんじですひらめき電球

 

そんなこんなで托鉢見学。

image

帰り道、チラ見した朝市。

現地人向けの服とかが売られていました。

 

眠いし疲れたみさちゃす…

暗い中、テキトーにトゥクトゥクを止めたら失敗ガーンガーンガーン

 

image

暗くてよく確認せずに止めたトゥクトゥク、観光客用ではなく現地人用だったのですが、宿の場所を「OK」と言ったくせに全然OKじゃないガーン

超グルグルされて大幅に帰宅が遅れ、降りる時もまだ降りてるのに走行しだし、∑ヾ( ̄0 ̄;ノガーンガーンガーンってかんじでしたガーンアセアセ

ラオスでのトゥクトゥク選びは慎重に…。

 

宿に帰って二度寝ぐぅぐぅ

続きます音譜

 

ちゃるちゃー☆