コロナ抗体検査を受けてみた。費用、結果は…?(名古屋)

いつまで続くか分からない新型コロナウイルス。

自分はコロナの抗体を持っている?…気になる方も多いはず。

5月18日、名古屋で新型コロナウイルスの抗体検査を受けてきました。

今回はその様子をレポートします!

 

抗体検査とは(PCR検査・抗原検査との違い)

PCR検査と抗原検査

新型コロナウイルスが現在身体の中にあるかどうか(現在ウイルスに感染しているか)が調べられる。

抗体検査

過去に感染して抗体を持っているかどうかが調べられる。(現在感染しているかは不明)

日経バイオテク

 

※今回抗体検査はIgMとIgGを受けましたが、IgMが出た場合は現在コロナの可能性があると説明を受けました。(詳しくはPCR検査をしないと分からない)

 

抗体検査は誰でも受けれるのか

検査がなかなか受けられない事で有名なPCR検査。

PCR検査と抗体検査は別物ですが、抗体検査は誰でも受けられるのでしょうか。

答えはYes!

保険適用されず全額自己負担になりますが、お金を払えば誰でも受けられます

 

名古屋で抗体検査を受けてみた

向かったのは名古屋市中村区にある、いわゆる町医者の細川外科クリニック。

こちらでコロナの抗体検査が受けられると知り、行ってきました!

 

コロナ抗体検査の費用

気になる費用は税込8,000円。

初めて行ったのですが初診料はかからず8,000円だけで明朗会計。

自費診療なので保険証も要りませんでした。

 

抗体検査の説明

先生から抗体検査の説明を受けます。

検査される抗体はIgM(青色)IgG(赤色)で、IgMが出た場合現在も感染している可能性がある(コロナなう疑惑)だそうです。

IgMが出たとしても、現在コロナかどうかはPCR検査をしないと分からない。

先生曰く、体調不良がある場合は保健所に抗体検査でIgMが出た事を言えば恐らくPCR検査してもらえるとの事。(IgMが出ても体調不良が無ければPCR検査してもらえない可能性大)

 

検査して嬉しい結果なのはIgGだけが出た場合!

これは過去知らないうちにコロナになっていて知らないうちに抗体ができてた〜!というパターンですね。(今後コロナの再感染及び重症化がしにくくなる)

 

いざ、検査…!

PCR検査が鼻になんか入れるのに対し、抗体検査は少量の血液

小指にプチっと小さな穴を開けます。(薄ピンク色の器具で)

痛い?と思いきや全然痛くない!!気付かないレベルで痛くありませんでした。

小指からの血液をスポイドで出して、検査キットへ。

10分くらいで結果が出ます。

 

 

気になる結果は…

 

 

 

 

 

 

どちらも陰性。

ちょっと残念…。IgGの抗体だけ出てほしかった…!

 

抗体検査で陽性になる確率

加藤勝信厚生労働相は15日の閣議後記者会見で、献血された血液で新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べたところ陽性率は東京都の500検体で0.6%、東北6県の500検体では0.4%だったと明らかにした。(共同通信)

…東京で0.6%、東北で0.4%。

かなり低い事が分かります。

ちなみに今回検査した病院では20数人に検査して今のところまだ全員陰性との事。

 

最後に

「自分に抗体があるのか気になった」という理由で8,000円かけてやってもらった抗体検査。

IgGの抗体があればラッキー、IgMの抗体があればコロナなうかもが分かるという内容。

幸か不幸かどちらも無かったので、今後もコロナにならないよう気をつけようと思わされました。。。

 

 

※ツイッターなどでシェアしていただけましたらブログ継続の励みになります…!